脂肪吸引・注射で理想的な見た目を【引き締まった身体になろう】

脂肪を減らう方法

ビフォーアフター

細身の身体を手に入れる方法はたくさんあります。その中でも、短期間で細身の身体を手に入れる方法となるのが脂肪吸引です。なぜ、短期間で見た目を細くできるのかというと、脂肪の元である脂肪細胞を取り除くからです。この細胞をなくすことで、たるんでいた二の腕や二重あごなどをすっきりさせることができ、見た目を大きく変えられます。また、現在では手術技術やテクノロジーが発展したことで、身体に与える負担が少なくなっています。

脂肪吸引は機器を使って脂肪を吸い取る方法と注射を利用して、脂肪を溶解させ細くしたい部分に効果を与える手術もあります。脂肪吸引ならお腹や腰まわり、背中などに大きな効果を与える傾向にあり、注射の場合は二の腕や太ももなどに効果を発揮しやすいと言われています。そのため、初めて整形外科で手術を受ける方は、細くしたいと思っている場所に合わせて医者にお願いすることが大切です。

整形外科で最も脂肪を減らしてほしい部分になるのが二の腕です。夏になると気温が上がり半袖で出掛けることが多くなります。長袖と違い半袖の場合は、二の腕も他者に見られてしまうので、脂肪がたくさんついていると太って見られてしまうことが高いです。また、二の腕は食事制限や運動での脂肪燃焼方法では、あまり効果を発揮しにくい部分となるので、整形外科で脂肪吸引の手術を受ける方が多いのです。ですが、脂肪吸引は、広範囲の脂肪を減らす目的に対しては大きな効果を発揮するのですが、二の腕などの手術範囲が狭い箇所になると脂肪細胞以外の組織を傷つけてしまう可能性があります。だから、安全に手術を受ける方法として脂肪溶解注射を利用する方が増えています。脂肪溶解注射なら、他の組織に負担を与えることが少なく、更に脂肪吸引よりもダウンタイム期間が短いという特徴も大きなメリットと言えます。更に、現在では脂肪溶解注射の中にも種類があり、それぞれ効果やダウンタイム期間中身体に現れる症状などにも違いがあるので、しっかりと専門の医者に確認することが大切です。

脂肪吸引や脂肪溶解注射などを利用できる整形外科では、手術前にカウンセリングを設けてくれるところが殆どです。なぜ設けているのかというと、直接肉体に影響を与える手術を行なうため「利用者がどのような効果を求めているのか?」「どのような手術を行なうのか?」など基本的な内容でもしっかりと教えるためです。このような細かいやり取りをすることで、手術に挑む方が安心感を得ることができ、更には、手術で間違いがおきてしまうことを避けられる一石二鳥のメリットが手に入れることが可能です。

To Top