脂肪吸引・注射で理想的な見た目を【引き締まった身体になろう】

手術後も綺麗な身体を維持

脚

効率よく細身になれる脂肪吸引や脂肪溶解注射は多くの方から注目を集めています。ですが、脂肪溶解注射なら切開することなく手術を行なうことができるのですが、脂肪吸引の場合は、切開を行なっての手術が殆どです。だから、手術跡が残る可能性があります。そのため、現在では脂肪吸引よりも脂肪溶解注射を利用する方が増えているのですが、手術を受ける箇所によって得られる効果が変わってしまうので、脂肪溶解注射だけでは理想的な体型を手に入れることができない可能性があります。そのため、全身の無駄な脂肪を落としたいと思っているなら、脂肪吸引での手術後のケア方法や手術跡を残さないようにする方法を調べて理解することが大切です。そうすることで、脂肪溶解注射のように、手術跡が目立ってしまい肌を露出することができないという悩みを抱えてしまう心配がなくなるでしょう。

脂肪吸引での手術跡を目立たなくする方法の中でシンプルな対策となるのが、切開をする場所を考えることです。太ももならももの付け根部分を切開するなど、他者からあまり見られない箇所を切開することで、手術跡が見られてしまう心配が少なくなります。他は、手術跡を無暗に触らないことも大切です。手術後は切開した皮膚を医療用の糸で縫合します。その縫合跡が気になって触りすぎてしまう方もいるのですが、そうなると、縫い目の赤みが増してしまい、手術跡が残ってしまう可能性が高くなります。糸は数ヶ月もすると医者が抜糸してくれるので、それまではあまり触らないようにすることが大切です。また、そのくらいの期間が経つと手術跡の赤みが引いて目立たなくなる傾向にあります。

手術跡を残さない方法として自分でできることの一つとなるのが、専用のテープを縫合跡に巻きつけることです。薬局で販売されており、手軽に購入することができるので専用のテープを見つけることに時間を費やすという心配は少ないです。他には、軟膏を塗ることも大切です。縫合跡は痒みを感じることがあるので、軟膏を塗って痒み止めの効果を与えるといいでしょう。そうすることで、切開した部分を掻いてしまい糸が取れてしまい縫合が解かれる心配がなくなります。軟膏も一般的な薬局で販売している商品で問題ないのですが、あまりにも痒みが強いなら、皮膚科に相談するといいでしょう。このように自分で対応できる手術跡の対策があるのですが、一番大切なことは自分で決めつけて判断しないことです。「このやり方の方が手術跡が残る心配がない」「違和感があるから縫合を解く」など自分の判断で行なってしまうと取り返しがつかないことになるかもしれないので問題が発生したら、専門家に相談しましょう。

脂肪吸引や溶解注射を受けることで、痩せている体型を手に入れられます。このことから多くの方が勘違いするのが体重が減ったと考えることです。この手術は、脂肪を取り除くことで見た目を細身にしてくれるのです。しかし、脂肪自体にはあまり重さがないので、脂肪を吸い取ったとしても手術前の体重との差は大きくありません。だから、「体重計に手術後乗ってみたけど重さがあまり変わってない、手術が失敗してしまったのではないのか」という心配はありません。

To Top